放射能情報サイトみやぎ

宮城県内の放射線・放射能に関する情報を正確に分かりやすくお伝えします。

  • 大
  • 中
  • 小
表示言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
ご覧になりたい分類を選んでください。または、質問事項をクリックすると回答が表示されます。

分類:環境への影響
宮城県内の土壌の汚染状態はどうか
県と文部科学省が共同で行った航空機モニタリングの結果により、放射性セシウムの県内分布がわかっています。県南部に分布しており、北部でも一部分布がみられています。
なお、文部科学省では、県内各地で土壌調査も実施しており、概ね航空機モニタリングと同様の分布状況が明らかになっています。
(平成27年3月12日更新)
母乳は大丈夫か
平成23年4月に,厚生労働省が宮城県も含めて山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,千葉県及び高知県内にお住まいのお母さんの母乳調査を行いました。宮城県内では,10名(大河原町,仙台市,気仙沼市)の方が対象となっていましたが,すべての方で放射線ヨウ素および放射性セシウムが不検出の結果となりました。福島県の方だけが検出されましたが,検出された量は僅かでした。
(平成25年1月16日更新)
井戸の水は大丈夫か
放射性セシウムは土壌中の粒子と強固に吸着する性質をもっていることから、表面にとどまっており、地中深く浸透する可能性は低く、井戸水は大丈夫かと考えられます。また、環境省が定期的に県内の地下水(井戸水)を調査していますが、放射性物質は不検出となっています。
(平成27年3月12日更新)
福島第一原子力発電所事故で宮城県に飛んできたのは、放射線なのか放射能なのか。また、現在も事故前より線量が高いのはなぜか。
飛んできたのは放射性物質です。現在も地上に降下した一部の放射性物質から放射線が出ているため、線量が事故前より高くなっています。
(平成27年3月12日更新)
事故が発生した原発から距離が遠くなるほど影響が少なくなると思っていた。空間放射線量が福島県に近い県南地域で高いというのは理解できるが、県北地域でも高いところがあるのはなぜか。
事故で放出された放射性物質(放射性プルーム)が、風向きなどの気象条件や地形によって、その経路及び地表への沈着状況が異なり、宮城県の場合は県北でも空間放射線量率が高い地域ができたと考えられます。(平成27年3月12日更新)
福島第一原子力発電所事故で放射性物質はどこまで拡散したのか。
福島県及びその近県だけでなく、厳密に言えば微量ではあるが世界的に拡散したとされています。
(平成25年1月16日更新)
事故直後1ヶ月ぐらいは急速に空間放射線量率が下降しているが、なぜか。
半減期が8日と短いヨウ素131による線量率への寄与が大きかったためと考えられます。その後は半減期が長い放射性セシウムの影響が主となっているため事故前の値には戻りにくくなっています。
(平成25年1月16日更新)
以前(平成23年度)、落葉から腐葉土は作らないように役所から連絡があったが、今は作ってもよいのか。
原料の放射能が不明の場合は、できる限り生産・流通・施用を控えるようにしてください。
ただし、自分の畑にある落葉を腐葉土として当該畑で使いたいという場合はこの限りではありません。
なお、肥料や土壌改良資材の暫定許容値は400Bq/kgとされていますので、参考にしてください。
(平成25年12月20日更新)
屋外プールの汚染について教えてほしい。
学校の野外プール水については、県や市町村によって定期的に検査されていますが、放射性セシウムは全て不検出となっています。水道水を利用するプール水が新たな放射性物質の降下がないと考えられる現在、汚染される可能性はほとんどありません。
(平成25年1月16日更新)
山の汚染はよりひどいと聞いている。今後山から人が住む平地への放射性セシウムの流出があるのではないか。
現在、山では放射性セシウムは木、落葉、雑草、土などに吸着されていると考えられる。ウェザリング効果(風雨による沈降・流出)で少しずつ流出しているが、平地への大規模な放射性セシウムの移動はないと考えられる。
(平成25年1月16日更新)
「戻る」