放射能情報サイトみやぎ

宮城県内の放射線・放射能に関する情報を正確に分かりやすくお伝えします。

  • 大
  • 中
  • 小
表示言語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
ご覧になりたい分類を選んでください。または、質問事項をクリックすると回答が表示されます。

分類:放射線・放射能の性質
放射性物質には半減期があるとのことだが、半減期の2倍の時間を待てばゼロになるということか。
違います。次の半減期でも半分になるだけなので、元の4分の1となります。
(平成25年1月16日更新)
放射性セシウムが体内に入ると蓄積されていくと聞いたが本当か。
そのようなことはありません。生物では代謝・排泄によって物理的な半減期(セシウム137:約30年、セシウム134:約2年)よりも早く減ることが知られています。セシウムは、成人の場合、70~90日(生物学的半減期と呼んでいる。)程度で半分になるといわれています。
(平成25年1月16日更新)
放射性物質に微生物を加えると早く減ると聞いたが本当か。
放射性物質の(物理的)半減期は、物理的・化学的状態の違いや化学反応等では変わらないとされています。そのようなことが確認されたという確かな報告はありません。
(平成25年1月16日更新)
天然にも放射性物質があるとのことだが、天然と人工では人体へ与える影響が異なるのか。
天然の放射性物質も人工のものも人体への影響は同じ尺度(シーベルト)で評価できることになっています。したがって、例えば、同じ1ミリシーベルト被ばくしたとすると天然・人工どちらも影響は同じとなります。
(平成25年1月16日更新)
ガンマ線は、放射性物質から放出されたあとどのようになるのか。
地表面にある放射性物質から、ガンマ線が空気中に放出された場合、最終的には空気中の原子に吸収されます。地中に放出された場合、地中の原子に吸収されます。また、体内に放射性物質があった場合、周りの細胞中の原子に吸収されます。
(平成25年1月16日更新)
「戻る」